ごちそうの記録2023

また、この季節が巡ってきました。この記事はごちそうフォトAdvent Calendar 2023の12月5日の記事です。

そして、ごちそうフォトのアドベントカレンダーは初回から参加しているので、なんとこれを書くのは5回目です。月日が流れます~。ちなみに1年前の記事はこちら

感慨にふけってもしょうがないので、淡々と写真を紹介していきます。

旅先のご当地ご飯

和歌山

なれずしが付くのが和歌山流だそうな。

博多

有名な豚骨ラーメンのお店。安くて美味い、正義。張り切って替え玉したら苦しかった。

台北

蛋餅(dàn bǐngと発音する)。台湾でとても一般的な朝食メニュー。英語メニューにはChinese Omeletteと書いてありました。すごく好みの味でした。日本でもこういう朝食がそこらじゅうで食べれるようになって欲しいですね。そして、値段も安かったです。

マストドンで反響の大きかった台湾の松屋。日本と全く同じメニューもありますが、あえて独自のものに。朝食メニューの滑蛋鮮菇蓋飯(トロたまキノコ丼)と醬拌豆腐(醤かけ豆腐)。豆腐にかかった醤がピリ辛。味噌汁は多分日本とほぼ一緒。これも安かった。

台湾資本チェーン店の日式カレー。やや風変わりな取り合わせですが、天ぷらは大阪の某定食チェーン店より断然美味しかった。けど意外といい値段した。味噌汁も具がアサリだし、まあそうか。

良いところで食べた魯肉飯のセット。上品な味で美味かったけどめちゃ高かった。

フードコートのこれは安かった。八角の風味が強く、しょっぱくない薄味が台湾です。青菜もしゃもしゃ。

台北は、食に限らず値段が高いものと安いものの差が大きいように感じました。


思い出の無化調ラーメン

名古屋の栄に「無化調の家系ラーメン」を出す店が今年の春に開店……しかし年末を迎えることなく思い出となってしまいました。大手チェーンの家系ラーメン店が夏ごろ、すぐ近くに開店したことも響いたのでしょうか。飲食業は儚いです。

無化調にこだわりがあるのかと思いきや、卓上にはなんと化学調味料!? この地球上に化学調味料をお客さんが自由にかけられる飲食店はいくつあるのだろう。

こだわりの低温調理チャーシュー。

このラーメンは口当たりが優しくて私はとても好きな味でしたが、人々が思い浮かべるガツンとした家系の味わいとはやや隔たりがあるように感じられたのもまた事実。どうやら、塩味と脂分だけでは家系ラーメンの強い味は実現できないらしいのです(私はこの無化調のラーメンが好きだったけど)。

化学調味料は時に嫌われることもあるが、ちょっと加えることで料理に旨味と深みとコクとその他諸々……とても良い感じに作用します。そして、家系ラーメンの強い口当たりは、それなりの部分が化学調味料に由来するものらしいのだとこのラーメンによって気づきました。化学は偉大なのです(私はこの無化調のラーメンが好きだったけど……)。

ラーメンショップのラーメン

私といえばラーメンショップみたいなところもあるので、家系ラーメンの祖とも言われるラーショの画像もねじ込みましょう。言うまでもありませんが、ラーショのラーメンには化学調味料がかなり多めに含まれています。

いなべ北勢店。セメントなどの工場が近く、トラックのドライバーさんがたくさん訪れるお店。お肉ホロホロ!

ラーメンショップ主水(もんど)の尾張旭店。新店です。インドカレー店の居抜き? 店員さんはもしやそのままなのか、謎に国際色がある異色のラーメンショップです。美味しいつけ麺をいただきました。主水は埼玉方面に多いニューラーメンショップ系ということになるのでしょうが、何がどう違うのかはよく分かりません。

ラーメンショップ主水瀬戸店。こちらも開店してから1年少々の新しめのお店。ネギみそチャー。美味い美味いと感動しながら食べました。古き良きラーメンの具! コーンとワカメが絶妙な味変になって素晴らしい。


名古屋めしと喫茶店のごはん

ひつまぶし。美味い。

炭水化物を重ねる。みそ汁はもちろん赤だし。

好来系、名古屋のご当地ラーメン。名古屋市中区の蔘好来。

好来系も優しい味わいですが、無化調ではないらしい。

こちらは桜山の好陽軒、かなりの人気店。好来系のお店は厨房が極めて綺麗で、店員さんの接客もとてもハキハキしています。全国的な知名度はほぼありませんが、名古屋に来たらぜひ食べて欲しい1杯です。

定食屋さんの卵とじ牛丼。チェーン店ではなくてそこまで安くはない牛丼、あなたは最近食べましたか?

赤だし、味噌がかかっている。当然。

名古屋ご当地、台湾ラーメン。台湾にはありません。

有名店。極めてしんどい……。

これまたキワモノ。陶板の上できしめんとあんかけとソーセージが謎を描く。

こっちのあんかけは名物です。旨いです。

モーニング。ここのピザパンは定期的に食べたくなる。

志の田うどん。名古屋独自だが、名物というほどではない。

志の田うどん。かまぼこ、油揚げ、ねぎ。シンプル。

かまぼこは店によっては入らない場合もあるらしい? 汁が上品。

志の田丼(玉子とじ)。昭和の味です。


さて、来年の抱負で締めたいと思います。

秋の健康診断で、中性脂肪が基準値を超えてしまい、困りました。2024年は脂っこいものは避けて、きしめん、志の田うどん、志の田丼、きしめん店の中華そば……などといった、古き良きあっさりした味を食べていきたいと思います。それ以前に自炊すべきか。

おしまい。

  • 2023-12-05 公開

コメントを残す