梅の湯(新宿区)

住宅街の中にある、こざっぱりした普通の銭湯。親戚の家にいるような安心感。私の大好きな銭湯です。

中井駅前、善福寺川に架かる寺斉橋から、梅の湯の煙突を見る。上落合中通りからちょっと入った所にある、住宅街の真ん中にある銭湯です。

フロント式で、ロビーは狭めです。のれんをくぐって脱衣所に入ると、ゴミゴミした住宅街という立地だからか、天井の高さや、広々とした雰囲気が印象に残ります。実際、浴室は広い方だとは思います。

脱衣所も浴室の中も壁はおおむね白いのも、解放感に繋がっているのかもしれません。

浴槽は、緑色の明かりが底で光りつつジェットが渦巻いている円形の湯舟と、超音波ジェットと座湯の湯舟。ガリウム石温浴泉、ラヂウム温泉の素云々という能書きあり、お湯が流れる格子の奥に、石がゴロゴロしています。脇には小さな水風呂。さらに、壁際カランの裏手に、一人サイズの寝風呂+電気風呂があります。電気風呂はスイッチ式。これは珍しいですね。

お湯から上がったら、脱衣所でテレビを見つつ、読売、ニッカン、サンスポの新聞3紙を読みつつ。このまったり感、最高です。

  • 2019-07-22 公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です