#サロン・ド・千扇 と火曜サスペンスごっこ展

京阪電車とJR環状線の乗り換え駅、京橋。駅周辺には、庶民的で賑やかな商店街が広がります。商店街のアーケードから一本入ったところに、大阪万博前年に建てられた昭和レトロなラブホテル「千扇(ちせん)」は、ひっそりとたたずんでいました。

訪問したのは2023年1月29日の日曜日。千扇を丸ごと1館貸し切って、「サロン・ド・千扇/火曜サスペンスごっこ展」が開催されました。

ラブホテルだから夜の写真にしましたが、現地に着いたのは昼過ぎ。

千扇は土曜日の昼間、休憩のみ営業しています。今回のような貸し切りのイベントもたびたび開催されています。

この灯りも色気がある。

ちかちか光るお部屋へのご案内

さて、ホテルの中に入りましょう。

チカチカと光るライトに導かれて、お部屋へ向かうことになります。千扇ができたころは、とても先進的な設備、だったに違いない。当日は点滅の実演もありました。

上の写真は、正面の玄関、大階段の下に設置されている表示板です。

1階の廊下、駐車場側の入り口目の前にも同じ表示板が設置されています。ラブホテルって昔から入り口が2カ所あったんですねー。

こっちの表示板には、菱形の照明の隣にあります。唯一無二の照明でこれも見どころとのこと。

大きな階段

文化財ですね。これは。

暗いから見づらいけど、壁に貼ってあるじゅうたんがなまめかしい。鏡に映り込んで、夢の世界へと……。

千扇の照明はどれも素晴らしいのですが、この写真の左側の蛍光灯はちょっと浮いてるかも。もしかしたら、光量が足らなくて後付けしたのかもしれませんね。

奥の階段

廊下の灯り

営業中のラブホテルではじっくり見れない、廊下の灯り。

ワンピースが並べられているのは、2階の廊下。火曜サスペンスごっこの時に着用されたワンピースと写真が展示されていました。

長くなったので、次のページへ。

「#サロン・ド・千扇 と火曜サスペンスごっこ展」への1件のフィードバック

コメントを残す