いつまで「巨額」累積赤字? 北総鉄道の決算を見る

私がライフワークとしている、北総鉄道の決算資料をまとめます。

北総鉄道は、運賃の高さで地域住民から裁判を起こされたり、鉄道と並行して運賃の安いバスを走らされたり、駅前には回数券ばら売りの金券ショップの券売機がたくさんあったり……とにかく、運賃面では評判の悪い会社です。

そんなことが関係するのかしないのかは分かりませんが、時に後ろ向き、赤字額を強調するという特色あふれる決算資料の冒頭をどうぞご覧ください。

2012年度

普通

2013年度上期

なぜか西暦ではなく25年度と書き始めて、続いて千葉ニュータウンの入居状況。自社路線の利用者数よりも、ニュータウンの入居状況の方が大切なのか……北総線の経歴を考えたら、ニュータウンの入居状況を気にするのは分からなくもないけども。

2013年度

これから「伝統」となる、四角囲みと「巨額」が初登場!

依然巨額

2014年度上期

上期の決算では、ニュータウンの状況をまず注視するらしい?

なお続く! 斜体のかかった「!」 巨額は無し

2014年度

1982年以来!  依然、巨額

2015年度上期

依然巨額の新たなパターン、「未だ○○と巨額」「しかしながら、」

2015年度

依然として巨額


2016年度上期

未だ○○と巨額 、しかしながら


2016年度

依然として巨額

2017年度上期

未だ○○と巨額、しかしながら

2017年度

依然巨額、「として」が消えた。しかしながら、に替わる「なるも」

2018年度上期

未だ○○と巨額。しかしながらが復活

2018年

依然巨額。しかしながら、「しかしながら」「なるも」は無し

巨額が初登場した、2013年度は202億円の累積赤字がありましたが、2018年度上期は81億円と半分以下に減りました。2021年度頃には、累積赤字が解消しそうな勢いで減ってはいますが、いつまで北総鉄道は「巨額」と言い続けるのでしょうか。目が離せませんね。

リンク

会社概要・決算情報・沿革 | 北総鉄道 公式ページ。2期分のみ掲載されています。

  • 2019-05-06 公開
  • 2019-07-29 2018年度を追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です