昭島市 八清ロータリー

第二次大戦中に、軍のための工場で働く人のために急造された
はっ
せい
住宅にあるロータリーです。

所在地東京都昭島市玉川3丁目
設置日1941年頃
訪問日2017-12

日市屋太郎が作ったから、八清

八清通り交差点から、夕日色に染まるロータリーを望む。

戦時中に、工場で働く人のために作られた住宅街で、商店、公園、映画館、浴場、保育園など生活に必要なものが一通り揃ったまちだったとのこと(後述)。

賑わっているとは言いがたいけれど、商店会はいまもあります。そして、銭湯もあり、人工的に造成されたまちではあるものの、ニュータウンとは全然違う雰囲気です。

接続する道路の幅や角度は、かなり揃っていません。交通量はかなり少なめなので、問題はなさそうではありますが。

ロータリーから東中神駅方面へ伸びる道は、商店会の街灯があり。

ロータリー中央島には噴水があり、クリスマス前ということもあるのか、電飾も取り付けられていました。

ロータリーの一角には、八清の由来を書いた碑がありました。

よく見ると、ところどころ書き換えられています。何があったんだ。

この界隈(立川から福生あたりまで)は、戦時中にいろいろあったところなので、調べれば他にもいろいろありそうです。気が向いたら、いつか調べてみましょうか……。

参考リンク

 

  • 2018-10-05 初版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です