根岸台(横浜市営バス)

丘の上の高級住宅街の一角、アメリカ軍根岸住宅地区のゲート脇にある折返所です。

名称根岸台
よみねぎしだい
所在地横浜市中区根岸台
事業者横浜市営
発着系統103 横浜駅前~戸部駅前~伊勢崎町~根岸台(~本牧車庫前)
行先伊勢佐木長者町駅前まで 約15分、
横浜駅前までまで 約35分(約10~15分間隔)
取材日2017-07

リンク先は、バス停検索。全国の路線バス停留所位置を地図や住所から探せます。

市電3系統の代替バス

横浜市電3系統(生麦〜横浜駅前〜伊勢崎町〜山元町)の代替バスである、103系統の終点の折返所です。

市電の時は山元町が終点でした。現在も、そこまでは4車線道路となっており、山元町交差点周辺は商店街で名残を感じられます。

103系統は、山元町からさらに南へ、住宅街の2車線道路を進み、根岸森林公園の外周を東から北(ここで、根岸駅行きや、本牧車庫前発着の出入庫便が分岐します)、西へと通り、根岸台の折返所に到着します。

※横浜市電の代替バスは、この記事にまとまっていますので、ご覧ください。

市電代替系統のみを抜き出した、横浜市営バスの路線図です。

降車のポールがあるのは折返所のかなり手前で、写真奥の道路が左へ曲がっている角に、折返所と乗車のポールがあります。

敷地はゆったりとしていて、詰所もあります。7台くらいは止められそう。

「横浜市交通局 根岸台詰所」と書かれた看板が掛かっていました。

のりばには、屋根が付いていて、椅子、電話ボックスやポストも近くにあります。

バスの本数は、昼間では1時間に4~6本程度。一つ先の旭台からは、本牧車庫や根岸駅からの便も合流して、ちょっとだけ本数が増えます。

アメリカ軍根岸住宅地区のゲートです。返還の方針は決まっているものの、動きはあまり無い様子で、政治問題化もしています。

新たに開発されるようなことがあれば、103系統の様子もちょっと変わるかもしれません。

 

  • 2018-07-16 公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です