中神(西武バス)

里と山、茶畑と川が交じり合う武蔵野の地にある折返所です。

JR青梅線にある中神(東京都昭島市)とは全然関係ありません。また、折返所の敷地があるのは入間市花ノ木で、道路を一本挟んで東側が入間市中神となります。

名称中神
よみなかがみ
所在地埼玉県入間市花ノ木
事業者西武バス・入間市(豊岡丸大タクシー)
発着系統入市32入市32-1入市32-2入市33入市33-1入市34
東青梅駅(入市32発着)~河辺駅北口(入市32-1発着)~七日市場(入市32-2発着)~南峯(入市33-1発着)~/金子駅(入市34)~中神(入市33)~入間市駅行
てぃーワゴン金子コース東回り 金子公民館~中神
行先河辺駅北口まで 約25分 毎時約1回
入間市駅まで 約15分 昼間時約20分間隔
取材日2018-02

リンク先は、バス停検索。全国の路線バス停留所位置を地図や住所から探せます。

西武バスとコミュニティーバス

折返所の端には、西武バスと、2018年1月末に運行が開始されたてぃーワゴンのポールが並びます。

てぃーワゴンは名前通りワゴン車で運行するコミュニティーバスで、日中におおよそ1時間間隔で10往復が乗り入れるようになりました。

この折返所で降返したり前を通る西武バスは、系統番号はやけにたくさんありますが、主に都道・埼玉県道63号青梅入間線を走る路線となります。

折返所から道路を挟んで向かいにあるポールです。青梅入間線の埼玉県内はおおむね歩道がありません。交通量はやや多く、流れも早めなので横断の際には気を使いました。

ここから西へ、金子、河辺方面に向かうバスは1時間に1~2回ですが、入間方面はおおよそ20分間隔と、意外と運行回数があります。

折返所の端に自転車が止まっているのは、宮寺西と似ているかもしれません。周りの風景もどことなく似たような感じですし。

東と南側には用水路が流れているので、折返所全体がちょっと高くなっています。

他の西武バスの折返所と同様に、看板は「折返し場」表記でした。「禁ズ」だけカタカナになっているのがちょっと面白いです。

 

  • 2018-07-07 公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です