ごちそうの記録2023

また、この季節が巡ってきました。

この記事はごちそうフォトAdvent Calendar 2023の12月5日の記事です。そして、ごちそうフォトのアドベントカレンダーは初回から参加しているので、なんとこれを書くのは5回目です。月日が流れます~。

感慨にふけってもしょうがないので、淡々と写真を紹介していきます。

旅先のご当地ご飯

和歌山

なれずしが付くのが和歌山流だそうな。

博多

有名な豚骨ラーメンのお店。安くて美味い、正義。張り切って替え玉したら苦しかった。

台北

蛋餅(dàn bǐngと発音する)。台湾でとても一般的な朝食メニュー。英語メニューにはChinese Omeletteと書いてありました。すごく好みの味でした。日本でもこういう朝食がそこらじゅうで食べれるようになって欲しいですね。そして、値段も安かったです。

マストドンで反響の大きかった台湾の松屋。日本と全く同じメニューもありますが、あえて独自のものに。朝食メニューの滑蛋鮮菇蓋飯(トロたまキノコ丼)と醬拌豆腐(醤かけ豆腐)。豆腐にかかった醤がピリ辛。味噌汁は多分日本とほぼ一緒。これも安かった。

台湾資本チェーン店の日式カレー。やや風変わりな取り合わせですが、天ぷらは大阪の某定食チェーン店より断然美味しかった。けど意外といい値段した。味噌汁も具がアサリだし、まあそうか。

良いところで食べた魯肉飯のセット。上品な味で美味かったけどめちゃ高かった。

フードコートのこれは安かった。八角の風味が強く、しょっぱくない薄味が台湾です。青菜もしゃもしゃ。

台北は、食に限らず値段が高いものと安いものの差が大きいように感じました。

次のページへ続きます。

コメントを残す