ごちそうの記録2023

思い出の無化調ラーメン

名古屋の栄に「無化調の家系ラーメン」を出す店が今年の春に開店……しかし年末を迎えることなく思い出となってしまいました。大手チェーンの家系ラーメン店が夏ごろ、すぐ近くに開店したことも響いたのでしょうか。飲食業は儚いです。

無化調にこだわりがあるのかと思いきや、卓上にはなんと化学調味料!? この地球上に化学調味料をお客さんが自由にかけられる飲食店はいくつあるのだろう。

こだわりの低温調理チャーシュー。

このラーメンは口当たりが優しくて私はとても好きな味でしたが、人々が思い浮かべるガツンとした家系の味わいとはやや隔たりがあるように感じられたのもまた事実。どうやら、塩味と脂分だけでは家系ラーメンの強い味は実現できないらしいのです(私はこの無化調のラーメンが好きだったけど)。

化学調味料は時に嫌われることもあるが、ちょっと加えることで料理に旨味と深みとコクとその他諸々……とても良い感じに作用します。そして、家系ラーメンの強い口当たりは、それなりの部分が化学調味料に由来するものらしいのだとこのラーメンによって気づきました。化学は偉大なのです(私はこの無化調のラーメンが好きだったけど……)。

ラーメンショップのラーメン

私といえばラーメンショップみたいなところもあるので、家系ラーメンの祖とも言われるラーショの画像もねじ込みましょう。言うまでもありませんが、ラーショのラーメンには化学調味料がかなり多めに含まれています。

いなべ北勢店。セメントなどの工場が近く、トラックのドライバーさんがたくさん訪れるお店。お肉ホロホロ!

ラーメンショップ主水(もんど)の尾張旭店。新店です。インドカレー店の居抜き? 店員さんはもしやそのままなのか、謎に国際色がある異色のラーメンショップです。美味しいつけ麺をいただきました。主水は埼玉方面に多いニューラーメンショップ系ということになるのでしょうが、何がどう違うのかはよく分かりません。

ラーメンショップ主水瀬戸店。こちらも開店してから1年少々の新しめのお店。ネギみそチャー。美味い美味いと感動しながら食べました。古き良きラーメンの具! コーンとワカメが絶妙な味変になって素晴らしい。

長くなったので3ページ目へ。

コメントを残す