各鉄道会社 2016(平成28)年度決算

鉄道会社(私の興味がある、公営や三セクの各社を中心に)の決算情報です。

大手私鉄は5月ごろ、三セクは6月の終わりから7月ごろ、公営地下鉄は10月ごろに発表されます。

埼玉高速鉄道

2017-06-20発表。事業再生ADR手続き後2期目の決算。増客の増収増益。 同日には、通学定期割引率を、48.6%~50.5%を一律60.0%に引上げ(割引率の拡大)も発表。とはいえ、JRやメトロと比べるとかなり高いが、重要な第一歩であることは確か。

多摩モノレール

2017-06-26発表。乗車人員・運輸収入・営業収益は、昨年度に引き続き過去最高を更新、営業利益・経常利益・当期純利益を引き続き確保、と好調。沿線開発、ららぽーと立川立飛などが後押しとなったようだ。

また、併せて経営計画も発表した。経営方針の「2 お客様サービスの向上」では、一番目にダイヤ改正が触れられている。厳しい経営などを背景に本格的なダイヤ改正を行なって来なかったが、システムの更新を機にダイヤの見直しや臨時列車の運行を積極的に進めるとのこと。

現時点でも、臨時列車に消極的というわけでは消してないと思うが、さらに便利になるようにしていくとのことで、期待が持てる内容だと思う。

東京メトロ

2017-05-10発表。増収増益。経常利益は891.1億円。

大阪市交通局

2017-06-16発表。自動車運送事業は収支悪化。高速鉄道事業は収支改善、過去最高益。高速鉄道事業の経常利益は376.6億円。

愛知環状鉄道

増客。

2017-07-04発表。朝日新聞の記事は、発表より前の報道。高架橋の補修などのため、営業利益は赤字となったが経常利益、純利益は黒字。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です