晃華学園東(小田急バス)

2016年4月に供用を開始した、新しい折返所です。中央道のすぐ脇にあります。

名称 晃華学園東
よみ こうかがくえんひがし
所在地 東京都調布市深大寺東町2丁目9
事業者 小田急バス
発着系統 鷹54 三鷹駅~晃華学園東
行先 三鷹駅まで 約20~30分
平日昼間時約15分間隔、土曜日昼間時約20分間隔、休日昼間時約30分間隔
取材日 2018-02

リンク先は、バス停検索。全国の路線バス停留所位置を地図や住所から探せます。

バス折返所の立地

小田急バスのウェブサイトで調べたところ、2016年4月に供用を開始したそうです。それまではどこで折返していたのでしょう?

4月27日(水)ダイヤ改正・停留所の移設のお知らせ | 小田急バス・小田急シティバス

晃華学園東とは名乗っていますが、晃華学園は上記地図ではじめに表示されている範囲内に入っていません。ちょっと南の方に地図を動かすとやっと文の文字が見えてきます。この停留所から晃華学園までは400m以上歩きます。それに、どちらかというと、東というより北な気も。

ちょうど折返所を訪問したのは、土曜日の夕方。中央道の上り線は渋滞していました。

バス折返所には、警備員さんが常駐しています。

のりばとおりば

降車のポールは簡素。

乗車ポールはしっかりした設え。屋根と自動販売機がありますが、カラーコーンでざっくりと歩道が区切られているのは同じ。

奥の方には、プレハブの詰め所も見えます。

出入り口は狭く、奥の方が狭い敷地の形です。

自動販売機では、きゅんたのLINEスタンプを広告していました。

調35・調37

折返所の前の道路には、調布駅発着の2系統も走っています。

1つは、調35調布駅北口~杏林大学病院前で、京王バスと小田急バスの共同運行です。

もう一つは京王バスの調37調布駅北口~都営深大寺住宅、京王バスのポールではありますが、調布市のコミュニティーバスです。細い道を通り、運行回数も毎時約1回です。

ちょっと整理をしてみると、晃華学園東から調布方面に行くには小田急と京王のどちらでも行けますが、三鷹方面には小田急バスでしか行けません。

京王線(調布・仙川など)~中央線(三鷹・吉祥寺など)の間は歴史的には小田急バスが強いエリアですが、京王バスも走っており、経由も種類があり、駅までも遠く……色々とややこしくもあり、面白くもある界隈です。

 

  • 2018-07-07 公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です