新聞の〆切(降版)時刻の予想

2018-02-18

今までに行ってきた新聞版次ごとの掲載状況調査に基づく、2019年11月時点での予想です。あくまで趣味の範囲内で、スポーツや速報の記事の掲載情報から判断しています

特記無き場合、すべて東京本社版です。

2019年4月頃の各紙の変化

こちらも参照:2019年4月 朝日・東京・産経各紙の版建て変更

2019年3月末から4月にかけて、朝日新聞、東京新聞、産経新聞で、版次の体制が大きく変わりました。

朝日新聞は、12版→13版→14版でしたが、13版→14版→14版△になったようです。13版だった地域の多くは14版になったようですが、実態としては最終版の地域が縮小しています。北関東方面で、夕刊の当日配達地域が縮小したようです。

東京新聞は、11版Sが配布されていた地域の一部に*11版が登場しましたが、3ヶ月程度で11版Sに戻された地域があるようで、詳細は調査中です。そのほかに、一部の地域面が統合されました。

産経新聞は、最終版が15版から14版になりました。所沢工場を閉鎖し、読売の群馬工場と川越工場への委託を開始したのにあたり、一部地域では従来より早い版に変更になったようです。

毎日新聞は、栃木県内での夕刊の当日配達を終了しました。栃木県以外でも、配達区域を縮小したようです。

日本経済新聞も、夕刊がより早い版になったり、配達される地域が縮小されました。一部地域では、早い版へと変更されました。

夕刊の配達地域縮小は、夕刊娯楽紙や競馬専門紙にも影響が広がっているようです。

2019年11月11日からの毎日新聞の変化

こちらも参照

上記ダイヤモンド・オンラインの記事の中で、「毎日新聞は夕刊を1つの版に減らすとともに、朝刊の最終版の締め切りを30分以上繰り上げる」と書かれていた施策を実行に移したのでしょう。

読売新聞

朝刊12S22:00頃
朝刊13S22:45頃
朝刊14版0:00以降?
夕刊3版11:40頃
夕刊4版 13:00頃

朝日新聞(2019年4月以降)

朝刊 13版 22:00頃
朝刊 14版調査中
朝刊 14版△0:00以降?
夕刊3版 11:30頃
夕刊4版 調査中

毎日新聞(2019年11月11日以降)

朝刊 13版 21:45頃
朝刊 14版 調査中
夕刊 4版 調査中

東京新聞

朝刊 11版S 23:00頃
朝刊 12版 0:00以降?
夕刊D版 11:15頃
夕刊E版13:00頃

産経新聞(2019年4月以降)

朝刊 12版 21:00頃
朝刊12版☆21:30頃プロ野球などの際
朝刊 13版 調査中
朝刊14版 調査中

日本経済新聞

朝刊 13版 23:15頃
朝刊 14版 1:15頃
夕刊3版 11:30過ぎ
夕刊4版13:00過ぎ

その他(地方紙・スポーツ紙・機関紙)

神奈川新聞A版22:00頃
埼玉新聞22:00頃
静岡新聞22:30頃
ニッカン7版22:30頃
スポニチ9版21:30頃
サンスポ6版21:00頃
しんぶん赤旗21:30頃

過去の情報

朝日新聞(2019年3月以前)

朝刊 13版 23:00頃
朝刊 14版 0:00以降
夕刊 3版 11:40頃
夕刊 4版 13:15頃

産経新聞(2019年3月以前)

朝刊 13版 22:30頃
朝刊 14版 23:30頃
朝刊 15版 0:30以降

毎日新聞(2019年11月10日以前)

朝刊 13版 21:45頃
朝刊 14新版 23:30過ぎ
朝刊 14版 0:00以降
夕刊 3版 11:30頃
夕刊 4版 13:00頃

備考

最終版は、読売・朝日・毎日・日経・産経が14版です。東京は12版です。

下記ページにも、新聞〆切時間の予想が載っています。このページに記載しているものとけっこう差があります。あくまで趣味の範囲内での調査ですので、精度もその程度ということなのでしょう。ご了承ください。その割にはこのページ、多くの方に見られているのですよね……。

その他新聞の情報 – 茂木ネットワークセンター

  • 2018-02-18 公開
  • 2018-03-15 更新
  • 2018-08-26 更新(夕刊)
  • 2018-10-04 更新
  • 2018-11-04 更新
  • 2019-02-16 体裁の変更
  • 2019-04-20 4月の各紙版次体制変更の追記
  • 2019-07-21 更新
  • 2019-08-09 更新
  • 2019-09-08 更新 神奈川新聞関連削除、4月の各紙版次体制変更の追記
  • 2019-11-17 更新 毎日新聞の11月の版建て変更を追記、野球プレミア12の掲載状況を反映