新聞の〆切(降版)時刻の予想

今までに行ってきた新聞版次ごとの掲載状況調査に基づく、2019年11月時点での予想です。あくまで趣味の範囲内で、スポーツや速報の記事の掲載情報から判断しています

特記無き場合、すべて東京本社版です。

2019年4月頃の各紙の変化

こちらも参照:2019年4月 朝日・東京・産経各紙の版建て変更

2019年3月末から4月にかけて、朝日新聞、東京新聞、産経新聞で、版次の体制が大きく変わりました。

朝日新聞は、12版→13版→14版でしたが、13版→14版→14版△になったようです。13版だった地域の多くは14版になったようですが、実態としては最終版の地域が縮小しています。北関東方面で、夕刊の当日配達地域が縮小したようです。

東京新聞は、11版Sが配布されていた地域の一部に*11版が登場しましたが、3ヶ月程度で11版Sに戻された地域があるようで、詳細は調査中です。そのほかに、一部の地域面が統合されました。

産経新聞は、最終版が15版から14版になりました。所沢工場を閉鎖し、読売の群馬工場と川越工場への委託を開始したのにあたり、一部地域では従来より早い版に変更になったようです。

毎日新聞は、栃木県内での夕刊の当日配達を終了しました。栃木県以外でも、配達区域を縮小したようです。

日本経済新聞も、夕刊がより早い版になったり、配達される地域が縮小されました。一部地域では、早い版へと変更されました。

夕刊の配達地域縮小は、夕刊娯楽紙や競馬専門紙にも影響が広がっているようです。

2019年11月11日からの毎日新聞の変化

こちらも参照

上記ダイヤモンド・オンラインの記事の中で、「毎日新聞は夕刊を1つの版に減らすとともに、朝刊の最終版の締め切りを30分以上繰り上げる」と書かれていた施策を実行に移したのでしょう。

読売新聞

朝刊12S22:00頃
朝刊13S22:45頃
朝刊14版0:00以降?
夕刊3版11:40頃
夕刊4版 13:00頃

朝日新聞(2019年4月以降)

朝刊 13版 22:00頃
朝刊 14版調査中
朝刊 14版△0:00以降?
夕刊3版 11:30頃
夕刊4版 調査中

毎日新聞(2019年11月11日以降)

朝刊 13版 21:45頃
朝刊 14版 調査中
夕刊 4版 調査中

東京新聞

朝刊 11版S 23:00頃
朝刊 12版 0:00以降?
夕刊D版 11:15頃
夕刊E版13:00頃

産経新聞(2019年4月以降)

朝刊 12版 21:00頃
朝刊12版☆21:30頃プロ野球などの際
朝刊 13版 調査中
朝刊14版 調査中

日本経済新聞

朝刊 13版 23:15頃
朝刊 14版 1:15頃
夕刊3版 11:30過ぎ
夕刊4版13:00過ぎ

その他(地方紙・スポーツ紙・機関紙)

神奈川新聞A版22:00頃
埼玉新聞22:00頃
静岡新聞22:30頃
ニッカン7版22:30頃
スポニチ9版21:30頃
サンスポ6版21:00頃
しんぶん赤旗21:30頃

過去の情報

朝日新聞(2019年3月以前)

朝刊 13版 23:00頃
朝刊 14版 0:00以降
夕刊 3版 11:40頃
夕刊 4版 13:15頃

産経新聞(2019年3月以前)

朝刊 13版 22:30頃
朝刊 14版 23:30頃
朝刊 15版 0:30以降

毎日新聞(2019年11月10日以前)

朝刊 13版 21:45頃
朝刊 14新版 23:30過ぎ
朝刊 14版 0:00以降
夕刊 3版 11:30頃
夕刊 4版 13:00頃

備考

最終版は、読売・朝日・毎日・日経・産経が14版です。東京は12版です。

下記ページにも、新聞〆切時間の予想が載っています。このページに記載しているものとけっこう差があります。あくまで趣味の範囲内での調査ですので、精度もその程度ということなのでしょう。ご了承ください。その割にはこのページ、多くの方に見られているのですよね……。

その他新聞の情報 – 茂木ネットワークセンター

  • 2018-02-18 公開
  • 2018-03-15 更新
  • 2018-08-26 更新(夕刊)
  • 2018-10-04 更新
  • 2018-11-04 更新
  • 2019-02-16 体裁の変更
  • 2019-04-20 4月の各紙版次体制変更の追記
  • 2019-07-21 更新
  • 2019-08-09 更新
  • 2019-09-08 更新 神奈川新聞関連削除、4月の各紙版次体制変更の追記
  • 2019-11-17 更新 毎日新聞の11月の版建て変更を追記、野球プレミア12の掲載状況を反映

10 Replies to “新聞の〆切(降版)時刻の予想”

  1. https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/04/13/20180413hrc00m070001000q/0.pdf?1
    私は九州地方の全国紙は統合版地域に住んでますが、だいたいは統合版(12版)は前日22時にセット版が有る地域(13版)は0時。最終版になる14版(産經は15版)は遅くても当日の1時半ですね。
    目安になるのは2/2土の朝刊でしょうか。未明にアジアカップ決勝戦記事の扱いになるでしょうか。

    1. かなさき様、コメントありがとうございます。
      いままで、私が東京近辺で調べた感じだと、13版(と最終版の一つ前)はおおむね22時~23時半頃で、0時はないだろうなと考えています。具体的な記録は下記ページのリンク先にありますので、ご覧くださいませ。
      https://westantenna.com/?s=%E9%99%8D%E7%89%88%E6%99%82%E9%96%93
      同じ全国紙の13版でも、地域(○○本社ごと)によって違うのだろうとは思います。特に、毎日新聞の14新版は大阪本社版にはありませんしね。
      移動が伴うので難易度は高いですが、いつか調べてみたくはあります。

  2. 有難うございます。
    紹介された分を読んでおりました。
    私はツイッターやってるのですがたまに新聞記者の方がポロっと言ってくれた事が有りまして、佐賀新聞が0時締めの0:20から印刷と聴きました。各社はコストなどを考慮して、特に遠方地域は締め時間が早くなりつつ有るのかなと実感します。
    毎日の14新版などは中部と九州(佐賀県内が13新版)では見ますね。

    余談ですが前回の衆院選時は仕事で関西地方に居ましたので、大阪本社の最終版と周辺の朝刊を買いました。
    https://twitter.com/sagankanasaki/status/922455240401494019?s=21
    この時梅田に有る毎日新聞が何故か最終16版が手に入らず15版でした。

  3. 突然失礼致します。新聞の〆切(降版)時刻の予想というページに「神奈川新聞 A版 23:00頃」と書かれておられますが、実際はもっと早い時刻に〆切られていると思われます。
    9/5付紙面で、前日のプロ野球「横浜DeNA×阪神」の結果について、延長10回裏横浜DeNAの勝利で試合終了となったのが22:15頃だったのですが、A版では9回裏終了時(22:00頃)で記事が終了していますので…。

    1. わたなべ様、情報ありがとうございます。
      いったん、神奈川新聞関連の記述を削除いたしました。
      情報が溜まったら、また復活させます。

      1. 2019年3月の新輪転機 三菱ダイヤモンドスピリッツ導入時に降版時間の変更がされたようです。それまではA版23:00頃でした。(現在は22:00頃プロ野球で確認すると。)
         10月の消費税増税時に、価格上昇の見送りの変わりに降版時間の調整をしたのかもしれません。新輪転機でカラーが、綺麗になりましたが降版が早まり残念です。なお、A版とB版の2版体制ですのでB版の降版時間も早まっているかも?ですが、当方A版地区なので解りかねます。
         2019年12月に編集システムの改定があります。そこで新たな動きぐあるかもしれません。

  4. おはようございます。1面社告より。 
    “文字大きく、読みやすく”
     神奈川新聞、新聞紙面を編集するコンピューターシステム一新により2019、12/10 より文字拡大、写真のきめ細かな色合い・濃淡がより鮮明になるようです。現行1段73行→71行になります。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です