イワタ丸ゴシックの設計背景

いろいろ調べている中で、イワタ丸ゴシックのことについての資料を見つけたので、ざっくりまとめておく。

参考文献(論文)

画面ディスプレイ上で読みやすいユニバーサルデザインフォント開発(<特集>タイポグラフィ研究の現在)

都道府県立、または高等教育の図書館などのPCから見るか,この論文だけ買うか,載っている書籍を見つけて読むか……読みたい人はがんばってください!

書体イメージ

なお,イワタ丸ゴシックについては下記サイトを参照。イワタUD丸ゴシックとは別物なので注意。

丸ゴシック体 書体イメージ

Pr6まであるのか。すごいな、イワタ……。

本題

この論文の著者は宮崎紀郎先生、執筆時の肩書きは千葉大学グランドフェロー(教育研究推進員)。

論文の内容としては宮崎先生がデザインした「Lim Uni-Type」のデザインを解説するものだが、そこに「従来のフォントの例」として、同じく宮崎先生がデザインしたイワタ丸ゴシックの例が取り上げられていた。論文に書かれていた内容の要旨をテキトーに引用すると、

イワタ丸ゴシックは

  • 1988年に完成した。
  • 当初は細、中、中太の3ウェイトだったが、後に太が追加で開発された。
  • (金属)活字用、ワープロ用(ビットマップフォント)の両方に使用できるように開発された。そのため、微妙な斜めの線は避けた。
  • しかし、実際に金属活字にはならなかった。
  • ベラム紙(厚手のトレーシングペーパーのとようなものと解説してある)に2インチ角で設計。定規と雲形定規、烏口で書いた。
  • 字母は、使用頻度が少ない字から多い字へと書き始めた。
  • スケッチから完成まで、文字書き職人3人との共同で2年かかった。

とのこと。

あのちょっと不器用さも感じられるひらがなのデザインは、斜めのラインを避けるためだったのか、と納得した。

また、時代的にも、設計思想的にも、平成明朝や平成ゴシックとの相性が良いのではないか(写研が設計した平成丸ゴシックは、平成明朝や平成ゴシックと骨格がかなり異なる)、ウェイトも同じ4つだし、組み合わせて使ったらおもしろいのではないか、とアホなことを考えました。

 

  • 2016-01-30 ニシの雑記帳に掲載
  • 2016-11-02 修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です